目元のたるみの原因は?

歳を重ねると共にたるみが目元にあらわれますが、たるんでしまう原因はどこにあるのでしょうか。
目元がたるんでしまう根本原因として、老化現象の一つとしてどうしようもないと感じている方も多いと思いますが、原因はこのことに限らないのです。
目元のたるみの一番大きな原因は、衰えてしまった表情筋や乾燥です。
目元は実のところ、1分間のうちに平均2、30回くらいの瞬きを繰り返し行なってしている場所と言えます。
最も目の近くの筋肉を使用する部位でもありますから、表情筋のマッサージを行なわないと、すぐ筋肉が衰えたるみの現象を起こしてしまうようです。
瞬きの回数を減らして目の周囲の筋肉を使用しなかったとしても、筋肉が衰えるため目元がたるむ引き金になってしまうようです。
ドライアイと呼ばれる目の症状を知っているでしょうか。
そもそもドライアイとは、長くテレビやパソコンの画面を凝視してしまうことによって罹患してしまう目の乾燥です。
眼球が乾燥してドライアイになると、まばたきの回数も不足していってしまいます。
ドライアイによってまばたき回数がいつもより減少した状態になると、たるんだ目元の一因となるようです。
これらの他、圧倒的に女性に多いものとしては、アイメイクがたるみの一因になってしまうこともあります。
数ある化粧品の中で油分が多く配合されたものを自分のメイク道具の中に含めている場合、目元部分のたるみの一因になってしまうようです。
油分の比率が高い化粧品には、イソパラフィンという成分が含まれていることがほとんどで、これは皮膚にとってあまり良いものではありません。
この成分の重さにより、目元にたるみが見られるようになるのです。
目元部分がたるんでしまうと、自分の歳よりだいぶ年老いた印象を周囲に与えます。
悲しい思いをしないためには、継続的なケアを怠らないことが美しい目元を保つ重要な要素です。

たるんでしまった目元は、たるむ一因となっているものを見つけ、適切な処置を施しましょう。